フジモト歯科

フジモト歯科は一生噛んで楽しく食事をしていただくため、皆さんのお口の健康をサポートします。

審美歯科・ホワイトニング

歯科用CT

HOME >  診療案内  > 歯科用CT
  • 歯科用CTとは

    歯科用CT

    CTとは、X線情報をコンピュータのデータ処理と画像の再構成で断層写真を得ることができる装置です。1970年代に開発され、医科ではマルチスライスCTが活躍しています。
    歯科用CTとは、近年開発された歯科に特化したCT装置で、コーンビームCTとも言われています。
    医科に比べて、歯科ではミクロンレベルでの情報を必要とするため、 医科では活躍しているCTも、歯科の分野においては満足のいくレベルの空間分解機能は得られませんでした。
    歯科においてのCT診断は非常に有効です。主に、インプラントや親知らずの抜歯などの治療に用いられますが、歯と顎の骨の位置関係、大きさなど従来のレントゲンでは見ることのできない情報をたくさん得ることができます。 また、CTの3D画像は患者さんにもとてもわかりやすい画像診断法です。従来のレントゲン診査では医師の感性、 感覚が診断を大きく左右していたのですが、それに加えて正確な骨の形態を把握するということは安全性、確実性において患者さんにとってもメリットがあります。
    三次元の高画質画像を用いることで、断層方式パノラマX線写真や口内法X線撮影法では判別できない、痛みや症状の原因の究明に役立ちます。

CT撮影の目的

  • インプラント治療への応用

    埋入する部位の術前の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)が正確に確実な判断ができるので、切開や剥離をしない手術や増骨術などに対しても判断が即日に行えます。
    歯科用CTでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安心な治療への第一歩です。最適な治療方法を導くことは治療期間の短縮にもつながります

  • 抜歯への応用

    歯科用CTを親知らずの抜歯に利用することで、立体的に把握することができます。これにより、神経を引っ掛けてしまう可能性や、周囲の炎症の程度、病巣の有無や大きさ、位置なども判断・考慮して、治療を行うことができます。
    また埋伏歯などの位置なども精密に判断できるので、余分な切開や骨の切削などを避けることができます。

  • 矯正治療への応用

    術前の検査で顎骨の状態が正確にわかるので、歯の移動の限界が予測でき、また軟組織の状態もわかるので、治療計画の立案に役立ちます。

  • 安全なの?

    歯科用CTの被曝線量は0.1~0.4mSV。医科用CTに比べ 撮影時間もかなり短く約10秒ほどなので、被爆線量が医科用の1/8~1/50と低水準です。
    年間の自然被曝量が2~4mSVなので、撮影のメリットを考慮すると安全であると言えるでしょう。